Monthly Archives: 11月 2023

レーザー脱毛って痛いの?敏感肌の私でも大丈夫なの?

レーザー脱毛って痛いの?

脱毛をする時の痛みの感じ方には個人差があります。
ただ、レーザー脱毛の場合は針による脱毛に比べて痛みは少ないです。

永久脱毛をするということは、言い換えれば毛が生えてこないようにするために毛根を破壊しうてしまうことともいえます。
極端な言い方をすると、皮膚から3~4mm程度の深さにある毛根細胞を適切な出力のレーザーで焼ききってしまうことです。
ですから、まったく痛みがないと言えばそれは嘘になります。

しかし、その痛みは瞬間的な痛みの感じ方であり、ずっとその痛みが続くというものではありません。
また、脱毛する部位や毛の密集具合や毛根の深さによってもその痛みの強さは変わってきます。

医療機関での脱毛をする場合、痛みが強い時には麻酔を使用することもできます。

まずはどれだけの傷みがあるか?
それは我慢できる程度の痛みなのか?
テスト照射で確認してみるのもいいでしょう。

敏感肌の私でもレーザー脱毛はできるの?

実は敏感肌の人でムダ毛に悩んでいる人こそレーザー脱毛がおすすめといえます。
一般にムダ毛の処理は
・カミソリ
・毛抜き
・脱毛ワックス
などですがこれらはお肌に大きな負担を与えてしまいます。
しかもそのれは長年にわたって続くものです。
しかし、レーザー脱毛などで一度きちんと脱毛しておけば、その後は自分でミダ毛の処理はしなくて済みます。
かえってそのほうが敏感肌の方の人には肌への負担は少ないともいえるのです。

一応、アトピーやアレルギー体質とレーザー脱毛には関係がありません。
レーザー照射によってアトピーや十マシンが悪化したりしないので安心して治療を受けてください。
どうしても不安なら、レーザーをテスト照射してお肌の変化を確認しましょう。
ただ例外として、アトピー皮膚炎などで色素沈着を起こしている場合は消え置付けなければなりません。
レーザーは皮膚の黒い色素に反応するため、その色素が消えるまで脱毛は控えた方がいいでしょう。
毛深い女 生まれつき

嫌な気分のストレスはその日のうちに瞑想でリセット

女性が仕事で稼ごうと頑張れば頑張るほど嫌な気分のストレスがどんどん溜まっていきます。

毎日の仕事
さらには職場の人間関係
あるいは
パワハラ
セクハラ
モラハラ
毎日毎日ないんかシラのストレスを受けています。
そうしたストレスをその日のうちに解消できるかできないかで、翌日のやる気やパワーもまったく変わってきます。

ストレス解消の方法はいろいろありますが、20分ほど目を知事て静かにしているだけでも身体と心もかなり癒されます。
次に目を開けた時には、さっきまでのピリpリしていた神経がすっかり鎮まって、とてもいい状態うになります。
まずは騙されたと思って
背もたれのある柔らかいソファにゆったりと座って
自分が心地よいと感じる状態でゆったりとい目を閉じましょう。
いわば軽い瞑想ともいえます。
途中で何か心の中に考えが浮かんできても構いません。
それはそのままで、目を閉じた状態を保つのです。
いつの間には頭の中は空っぽで真っ白の状態になり、ただただそうしていだけで心は休まり、神経も鎮まります。

今この名祖ぷ位がとても注目されています。
仕事中に少し時間が出来たのなら、手を止めて瞑想することをおすすめします。

瞑想というと座禅を組んで・・・
とか大袈裟なイメージを持つものですが、瞑想のやり方はあなた次第です。
椅子に座ってでもできます。
要はリラックスできる状態であれば何でもいいのです。
時間もいわざわざ計る必要もありません。
どうしても瞑想できない・・・
そんなどうしてもイライラが収まらない時には無理することもありません。

ただ目を閉じて体の力を抜いて、なんとなくリラックスした状態で椅子に座る。
そして静かに目が開くまで静かに待つ。
ただそれだけで、イライラしていた気持ちが
落ち込んでいた気持ちが
落ち込んでいた気持ちが
次に目を開けた瞬間に、あなたの気持ちもリセットされています。

瞑想のテクニックを覚えると自分の気持ちもコントロールすることが出来て、仕事もより効率的になります。

ネルマットレス 店舗

冬でもデリケートゾーンは夏場以上に臭くなる!

デリケートゾンのニオイを気にするに尾はみなさん夏場に多いのものです。
ニオイ対策のケア商品は特に夏によく売れていることからもそれはわかります。
夏は暑くてよく汗をかく方でしょうね。

しかしデリケートゾーンのニオイ対策は冬場も怠ってはいけません。
なぜなら冬でもしっかりと暖房の効いた部屋にいれば、汗をかくからです。
特に寒いところから温かいところに移動した時に身体は汗をよく書きます。
通勤途中の満員電車
おしゃれなカフェ
みんなよ~く暖房が効いています。
さらにそこではみんな寒くないよう厚着しているのです。
暖かい保温性の高い服ほど通気性はすこぶる悪いのです。
ということは片だから出てくるニオイもこもりがちなのです。
分厚いコートを脱いだ瞬間い
「ブワ~!!」
とあの特有のニオイが広がってしまっては大変です。

ですから、たとえ冬場であっても余計な汗をかかないように気を付けることを忘れてはいけません。
手軽に体温調整ができるように、脱ぎやすく着やすいコートや重ね着など工夫も必要です。

また汗をかいてもすぐにデオドランドシートなどですぐに拭くことができれば嫌なニオイはしません。
しかし、暖かい室内で汗をかいても、寒い外に一度出れば一気に汗は引くのでついつい汗をかいてもそのまま放置してしまいがちです。

一度かいた汗は皮膚表面の雑菌や細菌により分解されて、自分では気づかないうちにニオイが発生しているのです。
汗をかいたら服にニオイがつく前に汗を拭き取ることを心がけましょう。

冬場の寒い時期でも、
定期的にコートや上着の前をあえて開けるようにしたり
脱いだ後は風通しの良いt頃に置く
などちょっとしたことも効果的です。

ですから寒い冬場であっても
・一度かいた汗はニオイが発生する前に拭き取るようにする
・寒い冬の保温性の高い服はニオイもこもりやすいことを注意する
ことは忘れてはいけません。

寒い冬でもデリケートゾンのニオイ対策は怠らないこと
アソこの匂い 消す方法 市販